吉野家 缶詰。 吉野家が“牛丼の缶詰”を発売、非常用保存食でも缶詰評論家が絶賛したお味は?

26
・牛丼:289kcal ・豚丼:264kcal ・豚しょうが焼:275kcal ・牛焼肉丼:288kcal ・焼鶏:273kcal ・焼塩さば:222kcal ちなみに お店で食べる吉野家の牛丼は並盛で 652kcalですが、 缶飯はご飯と具を合わせて約 345gあります。 仕事柄、約20年に渡り年間500種以上のフルーツ含め、たくさんの食べ物を食してきました。 5月31日に、缶飯「牛丼」「豚丼」「豚生姜焼丼」「牛焼肉丼」「焼鶏丼」「焼塩さば丼」の6種類を通販サイトで販売開始。 味付けはお店で食べるメニューの味と出来る限り同じになるように研究されており、実際に既に缶詰を食べた人にもおいしいと評判です。 ・牛丼 ・豚丼 ・豚しょうが焼 ・牛焼肉丼 ・焼鶏 ・焼塩さば で、内容量はすべて160gです。 外食産業や食品メーカーには、薄利多売のビジネスモデルによる疲弊感がある中で、割高でも売れる吉野家の「牛丼缶詰」はどこがスゴイのか 写真:吉野家通販サイトより 吉野家の「牛丼缶詰」が 飛ぶように売れている理由 吉野家が発売した牛丼の缶詰が、一缶810円(税込、以下同)もするにもかかわらず、飛ぶように売れていることが話題になっています。 店で食べる340グラムの並盛(380円)の半分もないのに、倍以上の価格なのである。 でも、試しに買ってみるというにはなかなか手が出しにくい商品ではあるかもしれませんね。 6セットで販売したのは、2日分 ね。
25