コロナ ワクチン 危険。 コロナワクチンの危険性の報道で心揺さぶられないために

たとえばアイルランドのユニバーシティカレッジダブリンの微生物学・免疫生物学を専門とするドロレス・カヒル教授は、コロナワクチン接種により世界で多くの死者がでるだろうと警告したことで個人攻撃を受け、副会長を務める科学委員会の地位を追われた。

受け入れ病院まで 書いてあります。

日本の報道ではないので日本の不利 になる様にしているのです。

それこそ、北海道大学の西浦博先生が2020年4月に最大42万人の方が新型コロナウイルスによってなくなる可能性があると試算をしましたが、これも日本の今の広まり具合だからこの人数になっていないだけで、十分被害が出る可能性も考えられると私は思っています。

リスクがないこと自体がありえません。

大阪大の宮坂昌之名誉教授=本人提供 免疫学の第一人者、宮坂昌之・大阪大名誉教授が17日、毎日新聞の取材に対し、新型コロナウイルスのワクチンを開発中の米製薬大手2社が競うように「90%超の有効性確認」との驚異的な治験結果(初期データ)を示したことに絡み、「このワクチンが使えるようになっても、当面は私は打たない」と明言した。

最初の結合は,ワクチンによってトランスフェクトされた細胞の表面にあるスパイクタンパク質と,隣接する細胞の表面にあるACE2との間で行われる可能性があります. その結果、複合体が体内に取り込まれる。

不妊への影響は不明 つまり、 出産年齢の女性で妊活中、妊娠中、母乳育児の方は除外する。

打ってしまえば、 お終いです。

99 78