星 の 王子 様 名言。 【書評】『星の王子さま』を読んで思うこと【名言・感想】

それは君が 「そのバラの花のために ひまつぶしをしたからだ」 というのです。

「ボクは何一つ大切なことを学ばなかった……」 「みんなが忘れちゃっている大切なことだよ。

こうした理論も大人の理屈では 本質を見ることができないかも しれません。

何度も書き直しをしているうちに 〈わたし〉は少しイラついてきて 箱に3つの小さな穴のあいた絵を書き 「君の欲しいヒツジはこの中にいるよ!」 と言って投げつけるように渡すんですね。

こういう人って現実にもいるいるって思わされた言葉です。

彼らが探しているものは1本のバラの中で見つけることができるんだ。

サン=テグジュペリの名言 他人を裁くより自分を裁く方がずっと難しい。

それも子どもたちにではなく、立派な(?)大人たちに。

宇宙においては、同じものは何もあり得ない。

もし、その仕事や学問に 愛情を注ぎ、自分の大切な時間をたっぷり注いだら。

15
~星の王子様~ 3 午後の4時にきみが来るとすると、午後の3時にはもう嬉しくなる そして僕は画家になることをあきらめてしまう
なんだかハッと現実に戻らせれる言葉 ヘビに噛まれた少年の最後が意味するものとは? 飛行機の修理の目処が立ったある時、「僕」は王子さまがヘビと話をしている所を目撃します
本当の話し相手(友だち)をさがして 地球にやってきた王子さまは この星で- わたし(飛行機乗り)と 転轍手(てんてつしゅ)と あきんど それからヘビとキツネ あとは5千本のバラの花に 出会います この愛情を知るためには心で感じ取る必要があった
作者サン=テグジュペリは フランス人ですが 彼が生まれ育ったヨーロッパでも キツネは「ずる賢い」動物の代表として 認識されています 西洋思想にとっては、六〇年代にビートルズに強い影響を与えたインド思想や、二十世紀末からブームとなったチベット仏教のように、神秘的なショックだったのかもしれない
でも、あなたもわたしと同じぐらい、ばかだった 自惚れ屋の名言です
71
それは バラの花と君との大切な約束なんだ とキツネは言うんですね。 そしてこの同じ一歩を繰り返すのだ。 しかしあなたが私を飼い慣らせば、私たちはお互いのことを必要とするだろう。 だから、きみが夜、空をながめたら、星がみんな笑ってるように見えるだろう。 「思います。 友だちを売りものにしているあきんどなんてありゃしないんだから、人間のやつ今じゃ友だちなんか持ってやしないんだ Men have no more time to understand anything. 箱根にある 星の王子さまミュージアムにも行きました。 これは本当にそうだなと思います。 I shall look at you out of the corner of my eye, and you will say nothing. 孤独は他人がいて初めて成り立つものだ。
38