レグルス コルニアス。 リゼロ|レグルス・コルニアス(強欲) の強さネタバレとエミリアとの関係やラインハルトに負けた理由

それなのにこんな目に遭わされるのであったら、話が違う。

人生の目標、生きる糧、それを達成したかのように振る舞うに決まってる。
汚してやる、七十九番 侮られるのは、見下されるのは、憐れまれるのは何事も耐え難い苦痛だ
そして地面にどんどん沈んでいき水が溢れ出してくる レグルスが心臓まで含めた時間を止められるのは、長くても五秒が限界だ
雲の上を飛んでいる飛竜の背に、地上から飛び乗ったこともある」 「バ、ケモノめ……!」 「そうだね アニメでは第2期からの登場となり、レムがみんなから存在を忘れ去られる原因である、レグルス+ライ・バテンカイトス白鯨討伐が描かれています
やはり、時を止める力は最強の能力ですしね 仮に潰れていなかったとしても、流れ込む水は決して凶人を逃がすまい
僕をこれだけ侵害しておいて、僕にまだ何を求めるんだ 上記でも触れましたが、レグルス・コルニアスの権能である『獅子の心臓』と『小さな王』をフルに使えばラインハルト相手でも立ち回れます
レグルスが大勢の妻達に独りよがりを押し付け、手前勝手に「自分は満たされた高潔な存在」と主張する文字通り『小さな王』であったのに対し、 スバルは少ないながらも、非力な自分のために協力してくれる大切な仲間達を助けるために、自らが負担を背負う『小さな王』として顕現するという対比になっているのが特徴 非番となっていた79番目にを選んだのも、フォルトナと同じ面影を持っていたからだったのだと
例えば、シリウス自身が喜べば周囲の人間は殺されるまで永遠に喜びます アニメの2期から登場しており、担当声優は鬼滅の刃の 猗窩座でも有名な 「石田 彰」さんが担当しています
少し道を教えてくれないかな?」 「ええっ! 私? 私なの? 私もあまり来てから長くないから拙い案内しかできないかもしれないけど、それでも大丈夫ですか? 見放したりとかしませんか?」 「えっ? いや…、僕は教えてもらう立場だからね ルグニカ王国の隣国にあるヴォラキア帝国の「城塞都市ガークラ」を一人で壊滅し、闘神「八つ腕のクルガン」を倒すなど、破壊活動の規模の大きさにより、魔女教では怠惰と並び知られた存在となっております
他人を見下す奴なんてクソで、他人どころか家族を見下すような奴らは人間以下だって蔑まれて当然だろうが もちろん、恩着せがましいそんなことを最初から誰にでもずけずけと明かすわけじゃないさ