富岡 八幡宮 事件。 富岡八幡宮の殺傷事件 殺害された宮司の不可解な行動を関係者が証言

富岡茂永氏は、犯行直前に遺書を送っています 現在も多くの人に親しまれる由緒ある神社だけに、今後は私利私欲ではなく祀っている神様の事を第一に考えた健全な運営を心がけてほしいものです
姉の命を奪い、由緒ある神社の名を汚した茂永容疑者の罪の重さは計り知れないが、因縁ともいうべき何かが富岡八幡宮で渦巻いていたことは間違いなさそうだ しかし、茂永氏の宮司復帰への周年は凄まじく、宮司代務者となった姉への嫌がらせは、 実に20年近くに及びました
徳川将軍家の保護を受け「深川の八幡様」として親しまれたという 7日夜発生した事件は、長子さんの弟で元宮司の富岡茂永容疑者(56)、茂永容疑者の妻・真里子容疑者(49)が、富岡八幡宮周辺で長子さんと運転手の男性を日本刀などで襲い、長子さんを殺害、男性に重傷を負わせ、その後茂永容疑者が真里子容疑者を殺害、自らも自殺を図ったと見られている
国内でも有数の人気神社だった富岡八幡宮は、この事件を受けて参拝者が激減しています 「子どものころから活発でやんちゃな人で、父親から宮司を引き継いだが、さまざまなトラブルがあって宮司を解任されたと聞いた
宮司だった父親の興永氏の躁うつ病が悪化したことから、茂永氏が実質的に神社の運営を任されました 激しい憎悪で結ばれた一族は数奇な運命を歩んできた
ただ、ある氏子の男性(78)は「七五三や縁日も閑散としていた 別表神社の序列にも列挙されている
「中学を卒業してから家出同然 この頃から、Xは、解任されたことへの逆恨みから、怪文書を送りつけるようになり、2006年には「積年の恨み
7日夜、東京都江東区の富岡八幡宮周辺で、宮司の富岡長子さんと運転手の男性が弟の茂永容疑者と知人の女に刃物で襲われ、神社関係者男女4人が死傷した事件。 姉・富岡長子さんについて 弟の遺書による情報ですが、富岡長子さんは中学時代から素行が悪く、シンナーや麻薬、男遊びに溺れ、高校にも行かず錦糸町の喫茶店などでアルバイトをしながら家出同然の生活をしていました。 パチンコ・パチスロ神社YouTuberの富岡ウルフ氏と同一人物と言われていましたが、現在、動画は削除されているようです。 膠着状態が3ヶ月ほど続いた後、茂永氏は、円満解決に持ち込むからダミーの辞表を書いてもらえないかと、当時の崇敬会議長から依頼されるまま辞表を書きました。 中には、こんな書き込みもある。
1