キバユウ pixiv。 キバユウ

今度夜のゲームをしようよ。

更に彼は自分のアカを練り合わせた団子を自分で食べたり好きなクラスメイトの背中やバッグに取り付けて楽しんでいる。

マコンクサイも嬉しがっていたよ、「あいつのこける振動で机が壊れて困ってたのよ、お礼に私の筋見せてあげるゥ。

ショックオブデストロイヤーね。

これは誰も知らないけど、ドバ山は動物なんだ。

ニュホロテも喜んでいたよ、「あいつの口臭mjぱねえから困ってたんだよ、ありがとう。

ドバ山は死んだ。

ブリブリブリィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィッッ あ、そう言えばやっぱり僕の太マラは世界一だね。

彼は「んほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉッ!!気持ち良すぎだぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」と一人で奇声を上げ、よだれと鼻水を垂らし逆立ちしながら腹躍りを踊っていた。

1秒、おまけに滑舌が悪く、趣味はゲリ次郎の靴を舐めて自分のケツにめり込ませること。

99 69 72