思考 の 整理 学 要約。 【現役マーケター要約】思考の整理学

既知と未知 未知を既知にしよう 「否定から入らず、肯定から入ること」• 外国語の古典がオススメ
自分の頭で物を考え出す力というのはどうしたら得られるのか いわゆるハウツウものにならないようにしたつもりである
頭が整理されていて思考が洗練されてるから ストレートに伝わるような表現ができる人が多いように感じました 以下は本書で紹介されている、自分で新しいことを考える上で特に重要なポイントです
テーマの理解を助ける用語説明や図解に富み、首尾一貫した強力な論理構成が展開されている 前半部は忘却と思考の関連について
「思考の整理」の二つ目のポイントは「 いかに上手く忘れるか?」です 「なんとかしないといけない・・・」 その一心で学び始めたのが、速読でした
ノートなどにアを書き終えても、新しい情報が私たちの頭の中を通過していきます スクラップ• レビュー 30年間で200万部以上売れたロングセラー、それが『思考の整理学』である
簡単に言うと、単なる思い付きを精査したり、他の思い付きや社会の通説と組み合わせたりして、「 価値を生み出すアイデア」をつくるのです 新しいアイデアを出すために、「寝させる」という遊びの要素は重要です
思考をまとめるには「忘れる」ことも重要 そして、思考を整理する方法として、この本では「忘れる」ことも重要と述べられています という言葉が可愛い
二つの現実に関連すると思うが、日本の学者は落合陽一氏のように研究のみならず実践も兼ねることが当たり前になることが望ましいだろう そして、コンピューターが ここまで発展した 現代でも変わらない 教えなのでしょうか
49
[補説]英国の作家ホレス=ウォルポール(1717~1797)の造語 著者はこの投げかけに、 正面からNOを突きつけます
教育の課題についても同様 それこそが人間の創造的思考である
時の試練 セルフ古典化 頭の中を整理するきっかけとして、本書を手に取ってみてはいかがでしょうか
多くのフレームワーク、チェックシート等のツール、およびケーススタディを伴う応用性の高いコンテンツを有する グライダーと飛行機は遠くからみると、似ている
偶然の発見 すてる• 思考の本質を突いた大ベストセラー本!外山滋比古の『思考の整理学』の要約と感想をまとめました~
人の思考ってなかなか難しいもので、 ふとした時に良いことが思い浮かぶことってありませんか? 何かをしている最中とか、ぼーっとしている時とか・・・! 逆に、何かを思い浮かびたいその時に思い浮かぶことって少ないんじゃないかなって思います 自分の所属するコミュニティを飛び出し、全くの畑違いの環境に飛び込んでみること
(KJとは、先生のイニシャルであり、商標登録がなされています) かつて日本では、子供に「四書五経」などを素読させていました
53
移動中 ということになりますね。 一つ目は、「 低次の思考をメタ化させ、高次の思考に変換すること」です。 だいたい、思考とか、思考の整理について、かんたんに方法を教えることは困難であると思っている。 まずは、忘れること への偏見を改めましょう。 著者はこの工程をアルコールの醗酵に例えています。 また、複数の要素を並べ替えること =編集 でも新たな価値を創出できる。 メモをいろんなとこにおくのは難しいという人は、 なんでも書いてOKな手帳を1つ持っておくのがいいそうです。