大江の山の歌 現代語訳。 古今著聞集「大江山」現代語訳

そのように、母のいる丹後は遠いので、まだ便りもございません。

いかに 心もとなく思すらむ。

小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 [うちまかせての] ごく普通の。 小式部の実力からすれば普通の事。 歌合 歌人が左右二組に分かれ、歌の優劣を競う催し。 [かかるやうやはある] こんなことがあろうか。 」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 小式部内侍が大江山の歌の事 ・ 記事一覧 和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 和泉式部が、保昌の妻として丹後に下った頃に、京で歌合があった時に、 ・ 和泉式部 … 名詞 ・ 保昌 … 名詞 ・ が … 格助詞 ・ 妻 … 名詞 ・ にて … 格助詞 ・ 丹後 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ ほどに … 接続助詞 ・ 京 … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 歌合 … 名詞 ・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ に … 接続助詞 小式部内侍、歌詠みにとられて詠みけるを、 小式部内待が、歌合の詠み手として選ばれて詠んだところ、 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 歌詠み … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形 ・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 詠み … マ行四段活用の動詞「詠む」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、 定頼の中納言が、ふざけて小式部内侍に、 ・ 定頼 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 中納言 … 名詞 ・ たはぶれ … 名詞 ・ に … 格助詞 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ に … 格助詞 「丹後へつかはしける人は参りにたりや。 」 〔藤原〕定頼の中納言が、からかって小式部内侍に、「丹後へおやりになったという使いは戻って参ったか(母上の和泉式部の助けがなくてお困りでしょう)。 平安後期 には歌人の実力を争う場となった。
] と詠みかけた )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり
大江山の現代文 和泉式部が、保昌の妻として、丹後に下った頃に、京で歌合わせがあったところ、小式部内侍が、歌詠みに選ばれて、 歌を 詠んだのを、定頼中納言がふざけて、小式部内侍が 局に いた時に、 「丹後 の母のもと へおやりになった人は 帰って 参りましたか と詠みかけけり
」と ・ 丹後 … 名詞 ・ へ … 格助詞 ・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ 人 … 名詞 ・ は … 係助詞 ・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形 ・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形 ・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形 ・ や … 係助詞 ・ と … 格助詞 言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、 声をかけて、部屋の前を通り過ぎられたところ、 ・ 言ひ入れ … ラ行下二段活用の動詞「言ひ入る」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 局 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 前 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形 ・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形 ・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形 ・ を … 接続助詞 小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖をひかへて、 小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、 ・ 小式部内侍 … 名詞 ・ 御簾 … 名詞 ・ より … 格助詞 ・ なかば … 名詞 ・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形 ・ て … 接続助詞 ・ 直衣 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 袖 … 名詞 ・ を … 格助詞 ・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形 ・ て … 接続助詞 大江山いくのの道の遠ければ 大江山から生野を通って行く道が遠いので、 ・ 大江山 … 名詞 ・ いくの … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 道 … 名詞 ・ の … 格助詞 ・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形 ・ ば … 接続助詞 まだふみもみず天橋立 まだ天橋立を訪れていないし、母からの便りも見ていません 」という内容の技巧的な歌を即座に詠んだので、定頼はとっさに返歌もできず逃げた
和泉式部の娘の小式部内侍の和歌に関する逸話 とよみかけた
と詠みました 」と 「丹後へ使いに出した人は戻って参りましたか
」とばかり言ひて、返しにも及ばず、 「これはどうしたことだ その他については下記の関連記事をご覧下さい
[大江山いくのの道の遠ければ まだふみもみず天の橋立] と詠みかけけり 」 とだけ言って、返歌もせずに、袖を振り払ってお逃げになりました
これはうちまかせての理運のことなれども、 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だすべしとは知られざりけるにや 文末の「らん」が影響を受ける
8
小式部(内侍)は、この時から歌詠みの世界に名声が広まったということだ。 小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。 小 式 部 内侍 が 大 江山 の 歌 の 事 現代 語 訳 藤原公任の息子の定頼が小式部内侍の局の前を通りがけに「母君のもとへ歌合の助言を頼んだ返事は来ましたか。 =定頼は、意外な事で驚き呆れて、「これはどうした ことか、このようなことがあるものか、いやある筈 がない」とだけ言って、返歌を詠むことも出来ず、 袖を引っ張り放してお逃げになったと言う。 思はずに、あさましくて、 「こはいかに、かかるやうやはある。
74