ご 賞味 ください。 「ご賞味ください」は失礼?贈り物を渡す際のNG言葉 [手紙の書き方・文例] All About

ですから、 「賞味」は美味しさを褒めながら食べる、ほめたたえながら味わうというニュアンスのある言葉です。 それをよりによって「目上の人」に使うなど、口が裂けても言ってはいけません。 「賞味」の意味 まず「賞味」の意味を確認しておきましょう。 実は「ご賞味ください」は目上の人には使うのを避けたほうがよい言葉。 他人の味覚というものは万人が共通している訳ではありません。 「ご賞味ください」は、「美味しいものです。 堪能するとは、心の行くまで充分に満足するという意味です。

よって「つまらないものですが」などという言い方。

また、実際に添付書類があるときも、ご査収という言葉に頼りすぎず、「ファイルを添付しましたので、内容をご確認ください」と書くほうが丁寧かもしれません。

これは飲食業界に携わる人間ならば知っていて当たり前、配慮をする必要もないくらいのレベルで普段から意識しておいてもらいたい事ですね。

通常は老舗料理店や企業などがこだわりの詰まった商品を贈る際に使用します。

「正しい日本語が壊れていく」と感じる人もいらっしゃるかと思いますが、実は清少納言も『枕草子』で「最近の若者は言葉が汚い…」と愚痴をこぼしていたようです。

すでに「召し上がる」ですごい尊敬語ですが、「お」が付くことで二重尊敬語になります。

もう1つ「どうぞご笑味ください」という伝え方もあり、こちらは、「粗末な品ですが笑ってお召し上がりください」と、謙遜の気持ちを込めて使用する言葉なので、目上の方に使ってもOKです。

17
「ご賞味ください」とは?意味は? 「ご賞味ください」とは美味しく食べてほしい時に使う表現 「ご賞味ください」とは、その食べ物が美味しいと自信のある人が、相手に美味しく食べてほしい時に使う表現です 生ものですので本日中にお召し上がりください
堪能(かんのう)とすると読むと、学問などの道に優れていることという全然違う意味になります 値段の安いものや味に自信がない時の手作り品などを贈る場合にも使えますので、気軽なプレゼントの際にはぜひ「ご笑味ください」と一言添えてみてください
これは失礼な姿勢ではありません 保存やいつ食べるかなど、相手の迷惑にならないか 要冷蔵食品や要冷凍食品というものは、文字通り保存がきかないので早めに召し上がるか、もしくはその場でいただけない時にはしかるべき包装や処置を施しておうちまで持って帰らなければならなくなるのです
お召し上がりいただければ幸いにございます 「賞」は褒めるという意味、「ご賞味」は字からすると味を褒めながら食べると読めます
最近は目上の人をないがしろにするような扱いが当たり前のようになっている風潮もありますね(目上の人がそれに相応しい行いをやっていないから、とも言えそうですが) そのような時のために、持ち帰りに気を遣わせないような配慮も欲しいところです
「私たちが誇るご当地ビール、ご賞味いただければ幸いです」 「try 試す 」 It is a whole course dish made by the chef. 私が最近注目しているのが「ご笑味」です 特に自分よりも年齢が上の「目上の方」に対しては使用すべき言葉ではありません
一般人が粗品と書いた菓子折りなどを他人様に贈り、「ご賞味ください」と葉書に書いたら、その他人様が昔風の老人であったら、大笑いするでしょう 出すタイミングも重要 食べ物を渡す時の言葉以外の注意点の4つ目は「出すタイミングも重要」という事です
結構、沢山の場面であなたも経験されているのではないですか? 飲食店 「ご賞味ください」が使われている場面の最初の1つ目は「飲食店」です ここは、同じ「しょう」であっても「ご笑納ください」や「ご笑味ください」を用いれば、「(お口に合いますかどうかわかりませんが)どうか笑ってお納めください・召し上がってください」という謙遜の気持ちが込められるものです
「ああ、あのお店の料理はとっても美味しい!何回でも足を運んで来たいものだ!」と言ってもらいたいのです ですから、 「ご賞味ください」ということは「どうぞ美味しさをほめたたえて食べてください」「美味しいと言って食べてください」というような意味になります
97