長らく 永らく。 長らくの使い方、ほかの品詞の結びつき|日本語コロケーション辞典

延々と 「延々と」は「続く」の意味とよく似ており、イメージとしては「続ける状態で時を経過していく」ような感じです。
」 といったニュアンスを伝えたかったのでしょう 多忙にとりまぎれて失念いたしましたご無礼をお許しください
ながらく [2] 【長らく・永らく 】 ( 副 ) 〔「ながく」と「しばらく」が混交してできた語〕 長い間 その印象になる理由は、「長々」は数時間程度のことを表す時にも使用されるのに対し、「長らく・永らく・永きに渡り」は年単位のことを表す時に使用することが多いからです
「永らく」の類語 「永らく」の類語・類義語としては、いつまでも果てしなく続くことを意味する「永遠」、限りのない永い年月のことを意味する「永世」、非常に長く続くことを意味する「延々」、永く続くことを意味する「永続」などがあります しかしその場合、「過去から現在まで」の意味はなくなるでしょう
誠に(大変)申し訳ございません• 多くは「行動・様子」に対して使用される言葉です 「長々」と書くことが正しいとされます
「時間の経過」を表す意味も含みますが、印象としては「時間の経過の中で消えずに存在するもの」が主体です
心ならずも• 先日は• その場合は、 「Aは長らく席を外しておりまして、すぐには戻ってきそうにありません 長らくと永らく, Japanese Meaning of 長らく, 永らく, ながらく, Definition of 長らく,永らく,ながらく adverb fukushi long for a long time 長い間 長々 長らく 永らく 末長く 長長 長い間 意味・定義 類義語 長い期間 [英訳] 長い間:例文 我々はお互いに長年の知り合いだ 私は長年そこに行っていない [例文の英語訳] 積日 永年 千載 百代 千秋 百年 長期 年月 長日月 長年 日本語コロケーション辞典 テストバージョンです
「長い髪」「長い道」など、空間的に端から端までの隔たりが大きいことや、「気が長い」「長い目で見る」「息の長い」など、抽象的な表現には「長い」を用いる そう言える理由は、「以前」は「今という時から離れた位置にある時」だからです
その為時間を表す事以外では用いることは無い 意味の違いから、 「長らく」の方がよく使われると覚えておいていいでしょう
言い換え:「」「」「」など• よって、どちらが正解ということはなく、以下の説明のように、その意味によって使い分けてください 下手な文を使ってしまったな、という反省は置いていただき(泣) この場合の「長らく」は 今までからこれから先も含めて長い間離席しています、の意で 2の使い方をしています
深く(心より)お詫び申し上げます• よほどの時間でない限り、こちらの 「永らく」は用いません この度は• 何卒(平に)ご容赦ください• (大変な)ご迷惑をおかけしまして• 「長らく」と「永らく」の違い 「長らく」と「永らく」の意味の違い 「長らく」と「永らく」の違いを分かりやすく言うと、 「長らく」とは単純に長い間のこと、「永らく」とは「長らく」よりも遥かに長い間のことという違いです
36
短い期間を表わす場合は「長らく」の方を使うと覚えておきましょう。 「時間」の意味を含むために「あることが長い時間存在している」と同じ意味だと思われやすいのですが、「以前から」は「他と比べてかけ離れている」の意味と似ます。 「長らく」の例文. 「長年」と「永年」、「長い年月」と「永い年月」、「長らく」と「永らく」など、時間的な表現にはどちらも使うが、「長い」は単にながい時間を表し、「永い」はいつまでも続く永続的、永遠的なことを表す。 上記の敬語表現として使える言葉たちと同じく、「ずっと」が持つ意味「同じ状況が長く続いている」と同義として扱えますが、「延々と」は「事物」の様子を表すことを含む強い印象を持ちます。 ここで、「長らく席を外しますので」としたら、これから先のことになるでしょう。
90 61