進撃 の 巨人 伏線 まとめ。 進撃の巨人

— ナガト アース調査兵団兵士 nagatoshingeki つまりは「進撃の巨人展」にて仕掛けられた「最後の風景」伏線が、134話で回収されたという事ですよね! 最後の風景が展示された進撃の巨人展についてはにて詳細にレポートしています。

それは、エレンが9歳のときです。

そう、グリシャの注射で巨人化したエレンは、父親を食い尽くし、父がレイス家から奪った「座標」能力を奪った。

極端な平和思想になった理由• 265• これで回収された、とも読めますが第5話からの仕掛けられている伏線としてはあまりにも弱い回収だと感じられます。

エレンが寿命を迎えるとき、自分の世界のすべてだったエレンを失う訳にはいかないミカサがループ能力を発動。

壮大な印象を与えるこのタイトルですが、誰に対して、何を持って語られているのか全くもって不明。

120• 巨人の正体• リヴァイとジーク、運命の一騎打ちが始まる。

「いってらっしゃい、エレン」の声で目を覚ますエレン、目の前にはミカサが また、いやそうではなく、黒幕など存在せず「進撃の巨人」の『自由』が物語を進めてきたと考える人もいました
始祖の巨人の力を得ているエレンの賛同がなければ、ジークの安楽死計画を実行することができません つまりエレン側の人間で、パラディ島の住民と協力してエルディア人の地位を以前のように高めるつもりでいます
これがいったいなにを表しているのかと言うと、「 エレンが未来の記憶を継承しているのではないか??」と思っています 最後の風景での「最後の音」が134話でこれだけリアルに回収された事から見ても、 こちらの「最終コマ」も見たら明らかに分かるように回収されそうですよね! 「最後の音」が「作中以外に仕掛けられ回収された伏線」ならば、「最終コマ」は「作中以外に仕掛けられた未回収の伏線」と言えるでしょう
3人とも超人的な戦闘能力を持つのには関係性があったということだが… 最近になって、ジークがアッカーマン一族を「巨人科学の副産物」であると言っていました
これによってジークは一生をかけてエルディア人安楽死計画にたどり着いたのですね 136話完結なら34巻は2話分スペースが出来ます
80