ゾム 小説 受け。 【wrwrd!】*BL短編集*

苦手な方、意味がわからない方はブラウザバックを推奨いたします。

彼の下着に手をかけて それをあらわにする。

60
・口調は、勉強中です。 「さて、ここからは緊急会議を始めようじゃないか」 総統の言葉を受けてトントンは静かに席を立つと、厳かな空気を外界から遮断するべく扉を閉めた。 | | |えー、どうも。 「何とか言えや!!ゾムッ!!!」 「…ッ!」 『今声を出した?』 シャオロンの胸元を締め上げた手に力が入り、首が締まったゾムは思わず声を出しかける。 ・シチュエーションは、しっかり書いて下さい。 ついカッとなって」 落ち着きを取り戻したシャオロンが手を離したのを見てグルッペンが指示を出す。 6月21日 17時 id: - wrwrdのblはnmmnのぶるいに入るので消して下さると、いくら貴方様が文才の有るこの様な素晴らしい文章を書いていても、駄目なものは駄目です。 そんな中、怒りのままに一歩前に出たコネシマをシャオロンが腕で押しのけると、噛みつく勢いでゾムを掴み上げた。 その後もシャオロンは怒鳴っていたが、同時に発されたルフの問い詰める声が二重に重なってしまい、両者の言葉が上手く頭に入ってこず、二人から凄い勢いで問い詰められたゾムはただただ目を白黒させていた。 出来るだけ小説書きになるよう心がけます ちなみにヤンデレも甘々も特殊なプレイもなんだっていけます。
91