ウーブン シティ。 トヨタ章男社長が語った、東富士の「ウーブンシティ」やテスラへの思い:製造マネジメントニュース(2/2 ページ)

渋谷区• 現実的な折り合いを考えれば、インフラ側でも自動運転し易い環境を用意して、双方に歩み寄る方がずっと早いのだ 2018年7月に東富士工場の閉鎖が発表されたとき、工場従業員は約1100人いました
実証実験というのであれば、 いろんな職種の人がいた方が リアルなデーター収集できると思うのですが・・・涙 スポンサーリンク ウーブン・シティの場所は? ウーブン・シティはどこに建てられるの? 場所は静岡県裾野市御宿、 トヨタの東富士工場跡地に作られる予定です 今、うちは三菱の自動車とスバルの自動車、全部正規ディーラーからに変えたよ
中央奥の敷地が、トヨタ自動車東日本の東富士工場 トヨタ自動車とKDDIは2020年10月30日、新たな業務資本提携に合意したと発表した
このあたりは1960年代から田畑を開発した、いわゆる企業団地
トヨタは、網の目のように道が織り込まれ合う街の姿から、この街を「Woven City」(ウーブン・シティ)と名付け、初期は、トヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめ、2000名程度の住民が暮らすことを想定しています 昨年12月に生産を終了した東日本の東富士工場は22年2月まで解体工事をし、その後に街づくりに入る予定と書かれている
収集したオープンデータは、行政情報ダッシュボードやスマートフォン(Android、iOS)向けの行政情報アプリなどで活用されている ・ 豊田章男社長のアハ体験を突き詰めて生まれた構想である この構想は、豊田章男社長が、閉鎖しなければならないトヨタ自動車東日本株式会社 東富士工場 静岡県裾野市 の跡地をどうすべきかに思い悩んでいた時のアハ体験からできた構想です
そうした工夫のお陰で、実現が早まり、そこにどんな暮らしが生まれるのか、いち早く体感することができるのである 横須賀市• 工場閉鎖の発表後は転勤のため土地を売る人が多く、買い手が付かずに困っていたそうです
あらゆるものがネットワークでつながる街に ウーブン・シティは2020年1月に開催された「CES2020」において、トヨタ自動車の豊田章男社長が発表した未来都市 泣く泣くやめて静岡に残った従業員も多いそうだ
という長い話で何が言いたかったかと言えば、荷物が通るルート沿いに経済発展する街ができた 茅ヶ崎市• 自動車などのモノとインターネットがシームレスにつながり、そこから生まれる新しいビジネスモデルを世に発信していくには、うってつけの町となるでしょう
関連リンク• やはり、トヨタの開発拠点はガードが堅いようです 従業員を中心に 将来的には約2000人が入居予定だと 公表されています
98
研究者、エンジニア、科学者たちは、自動運転やモビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、ロボット、スマートホームコネクティッド技術、人工知能などのテクノロジーを自由に試すことができます。 。 工場従業員を除けば高齢化率も高く、トヨタの敷地から一番近い小学校は子どもの脚で40分ほどかかるそうです。 建物をカーボンニュートラル(炭素中立)な素材でつくる• 一方で、日本では今後将来にわたって労働力が不足する見通しであり、これまでの経済成長に陰りが予想されている。 我々は単なる自動車メーカーではなく、それを超えるものだ」という。 だと安かろう悪かろうだけど、の場合はきちんとしちゃうんだ。 8万平方メートルに及ぶ広大な敷地で、最初は希望者を募り、2025年にも高齢者や子育て世代ら360名程度が入居。 陶酔的な技術主義でいたずらにハードルを上げていない。 カフナー氏はウーブン・シティについて「世界中のスマートシティで、ウーブン・シティで開発されたものを使ってほしい」と語った。
97