エーデル ガルト 似顔絵。 FE風花雪月 プレイ日記16『2月 剣と盾の螺旋』ガルグ=マク籠城戦 │ みきGames

クラス説明文によると「古の術により変化した」とのことで、元々そういうコンセプトの術として生み出されたと思われ、前述の通り有機パワードスーツのような見た目もさもありなん。

ネズミが苦手になったのも、彼女が繋がれていた地下牢にネズミが数多くいたからだった。

このゲームを作った開発者は残酷である。

208• お前よくそんな頭脳で参謀役が出来るな! 育成要素も自由度が高く、キャラによって得意不得意があるものの結構自由に職業を変える事が出来、自分だけのキャラにする事が出来る。

アートキャンバスパネル• そんな彼に僅かながら笑顔で返したエーデルガルトは…… 黒鷲・覇王ルート(紅花の章)の場合 主人公と彼女が唯一共闘する黒鷲・覇王ルート(紅花の章)では、第一部終盤に大修道院を落としたところで、レアが白きものに姿を変え、その攻撃によって城塞が崩れ、主人公が崖下に転落し行方不明となった。

専用武器も斧なのでばっちり噛み合う。

主に魔法攻撃の戦技「魔刃」「雷斧」やボルトアクスのためのステータスになる。

193• 苦しみの中に見える楽しさこそ、この先も忘れない思い出になるだろう。

:生まれついた資質によらない実力主義を目指している事や、主人公に並みならぬ思い入れを抱いている点など、多くの共通点を持つ人物。

その意味がやればやるほど分かるようになる 今回時間を巻き戻す能力もあるので失敗しても戻れば良いし、特にノーマル選んだ場合、戦略なんて何も考えずともクリア出来る(最終面が少し辛いだけ) そして9月11日にルナティック Ver. それを前提に置くと、セイロス教を「自ら滅ぼすしかない」と判断した動機、第一部と帝国ルートに入った後とのギャップや、ディミトリが持っていた過去の記憶を彼女の方はすっかり忘れてしまっていることなど、物語上だけなら矛盾や描写不足とされそうな部分の説明が可能となる
そのため、専用武器のアイムールも英雄の遺産に似ており紋章石も付いていて、性能もそれらに比肩するほど高いが、厳密に言えば英雄の遺産ではない そんな可能性を潰すためイグナーツを戦場であえて殺し、自分がマリアンヌをNTR事も出来る
鬼である 高い頻度で下必殺ワザの「魔斧 アイムール」を使用する
なお、アイムールの修復用素材「アガルチウム」は、EP. それら要素を何一つ妥協すること無く、再構築した風花雪月ではどんな人もで楽しめる集大成的ゲームになっている 197• 曰く、実験によって「ただの人からは少し離れてしまったかもしれない」とのことで(後述の仮説に繋がる)、先述の実験の際に地下牢に繋がれていたという副次的な理由で感情が機能しなくなり、目的を達するために全てを犠牲にする行動原理が完成してしまった
インテリアフォト額装• 実際に、ある惨事を目の当たりにした際には、思わず「胸糞悪い」(胸糞まで言いかけて、気分が悪いと言いなおしている 212• に 名無しのエムブレマー より• 敬愛する師の帰還によって完全復活を果たした 黒鷲遊撃軍(シュバルツァアドラーヴェーア)と共に、いよいよ彼女は戦争の膠着を破る
とにかくやる事が多い 二部構成だから出来るストーリーと三つ巴の世界観 今までのFEシリーズは戦争が始まった状態でゲームが始まっていたが、今作では学園から始まる
その一方で、素直に音節で切って縮めるとエガとなるため、ネット上では「」のあだ名が定着してしまった 悪魔である
そのため彼女と戦うマップではこまめな回復が必須な上、ほかにも魔獣はおり魔導砲台や弓砲台もあるため難易度の高いマップになっている また、名前もない脇役と会話出来て、その世界観をより深く知れたり、戦争に負けられないという覚悟を強くできるのも良い
148• エーデルガルトはセイロスの紋章を宿しているものの小紋章のみであり、他の兄弟姉妹も殆ど紋章は持っていなかった また、ディミトリの短剣のエピソードを忘れているのも、という精神防衛機能によるものと考えられる
このことは、復讐に歪むディミトリに対してかけたまるで他人事のようなセリフや、レアを打倒した際の決め台詞が「 人が自ら立ち、支え合うこの世界に、神の居場所はない!」という、未来だけを見て何一つ過去という要素を含まないものであることからも解る 213• 冷徹非情な覇王となって戦争を引き起こすも追い詰められ、自らを異形の存在に化してなお最後の抵抗をする彼女だが、主人公と相対するときに発するセリフは、帝国ルートを経験したことのあるプレイヤーの心に大きく響くことになるだろう
68 45