茂野 桃子。 【MAJOR】茂野桃子さんの人生wwwwww

MAJOR 2nd [ ] 小学生編 物語開始時から台湾の球界で現役を続けており、日本の自宅は留守にしている モチベーションが乗りやすい体質ゆえに、好調時はジャストミートされてもになることは少なく、本人も「俺からホームランを打った奴は、数えるほどしかいねぇよ」と豪語している
3回表、吾郎のにはし、この様子が監督を含めた味方ナインの度肝を抜く 自分の身体を犠牲にしてまで闘おうとしたのは自分の夢の為だけではなく、「自分のわがままに付き合わせた」という仲間達への負い目もあったが、海堂戦でその事を打ち明けた際に、吾郎のわがままに付き合ったのではなく自分達の意思で野球をしていること、むしろ自分達を変えてくれた事に感謝していると言われた
初登場時すでに成人している 長打力はないがシュアな打撃と堅実で華麗な守備が持ち味である
『メジャー編』にて、イップスの時期に練習していた新球種 時期:メジャーリーグ編 当初は「ギブソンjr. 大学卒業後はとなり、営業中にテレビでワールドシリーズを観戦し応援していた
茂野英毅は尽くすにつれて桃子を好きになってしまう 本牧リトル [ ] 吾郎達がドルフィンズに入団して最初に戦った、県大会での対戦相手
抜け球 『聖秀編』にて、右足の故障で一時的に生じていた失投 ただし、W杯編で勝呂や京四郎など、世界的に名の知れている選手には生意気な態度を取ってしまうことはあっても敬語を使うなど、必要最低限の礼儀を心得ている描写もある• 両投左打(右投げと左投げのどちらの描写もある)
リトル・シニア出身 野球選手としても吾郎を尊敬し自らの手本としている
矢尾板(やおいた) 声 - 右翼手 春季大会決勝で惜敗した悔しさから、夏の大会を見据えたチーム全体の早急なレベルアップを目指すが、休日を返上した練習時間等の増加や質の向上等を急ぐあまり、試合中に負傷したアニータや肘の古傷を抱えている弥生、膝を痛めてる関鳥に対しての配慮を怠ってしまうなど、一度は周囲が見えなくなってしまう
(商店街チーム対戦時、戸塚西リトル対戦時)・(博多リトル時、三船高校対戦時)・外野手(夢島時)・左翼手(横浜マリンスターズ)• 時期:メジャーリーグ編 投手強襲による故障 思いやりのある優しい性格で、茂治が不慮の事故で亡くなった際、妻や周囲の反対を押し切って桃子に吾郎を託した
渡米3年目~6年目の間に2回• の打球を頭に受けて失神し、病院に運ばれる しかし、今までの鬱憤と本音を父に吐露したことから、彼の行き過ぎた行為から周囲の擁護され交代もなく、チームメイトの声援と自分の意思で吾郎と「心のこもった真剣勝負」するも、彼に逆転サヨナラ2ランホームランを打たれた
容姿が吾郎の実母によく似ており、茂治も一度見間違えたほど その矢先、海堂のスターに育てることを考えた江頭の報復で江田原高校への編入を断られてしまう
のいるファルコンズが出場することを知って故障と偽り3Aに残留 父の仕事の都合で渡米した直後、偶然にもテレビに映っていたギブソンに憧れて野球を始め、その影響で彼を彷彿させる投球フォームを持ち味とし、を得意とする
肩も強く中学時代は相手選手が驚いたことがあり、インサイドワークの面では宇沙美球太から高評価を受けていた デッドボール恐怖症 時期:リトルリーグ編 試合中に処理を誤り、送球が打者の頭に当たったことで発症
作中では二軍以外に負けている描写がない 吾郎退学の際に野球部所属の生徒は扱いであることが判明している
『MAJOR 2nd』の主人公 制球力 右腕時代は非常に高い制球力を誇っていたが、左腕転向直後は与の描写も散見されるようになる
40