カセット テープ。 カセットテープの分解、テープの接合

「絶対聴いてほしい!」というアルバムを録音したカセットテープを渡して聴いてもらう。 僕は AIWAのピンクのやつを高校生のときに買いました。 。 カセットテープは音質や容量、操作性や耐久性など、ほぼすべての点でデジタルオーディオより劣っているというのが、いまでも一般的な見方だ。 しかし、40代以上の世代だとラジオで流れた曲を録音して自分のオリジナルテープを作るエアチェックや自分が寝ている間に放送された深夜ラジオの録音、レンタルCDのダビングなど、カセットテープのお世話になった人も数多いに違いない。 うまく無ければ仮止めしたセンターのネジを外して走行系を再確認する。 懐かし~! ボタンの並びが懐かしい。 金があるわけでもないのにだ。 テープヘッズたちに流行は無関係 Waltzの角田はカセットテープのブーム再来は、英国では米国や欧州全体と比べて少し遅れたと考えている。

このためレコードやカセットテープは、いまや懐かしさだけでなく別世界を感じさせるものになっています」と語る。

デジタル世代には「別世界」の音楽体験 新作アルバムのカセットテープは、単に販促のためにコレクションされるグッズである可能性もある。

このほか、カセットテープには安定に走行するためのサスペンションなど、高度な技術が詰まっているのです。

僕、未だに文字起こしのこと、テープ起こしって言ってます。

新しいテープはシートが透明です。

では、館長がカセットを調査研究した成果(?)を「学芸部だより」にて発表しています。

album-link[data-album-inline]:not [data-album-replaced] ,. 私も歳をとる訳だ。

室内で聴くものだった音楽に、外に持ち運んで「いつでも、どこで聴ける」リスニングスタイルがもたらされたのです。

また、カセットテープの音をMP3音源に変換できるオーディオ機器が発売されたことで、カセットテープに、久しぶりに触れた人が多いのも、人気再燃のきっかけの遠因に思えます。

45