機動 戦士 ガンダム f91 プリクエル。 機動戦士ガンダムF91

C・Vのフロンティア・サイド制圧後、政庁のひとつを運営させる予定であったとされる。

コズモ・エーゲス [ ] Cosmo Eigesse 声 - 地球連邦軍の退役軍人(元大佐)で、C・Vの襲撃に抵抗するレジスタンスの中心人物。

最終稿直前まで検討されていた2種類の純白のF91がテスト運用時のカラーリング「F91ヴァイタル」として設定された上で登場。

クリス [ ] Chris 声 - ロイ戦争博物館の学芸員。

また、パン屋を畳んで迎賓館近くに引っ越している。

(声 - )• このMCA構造は、かつてのの技術を応用・発展し、構造材そのものに電子回路を盛り込んだ技術であり、機体フレームそのものに電装機器の機能を持たせることで機体強度を維持したまま機体内の容積の激減と飛躍的な軽量化を達成、それにより本機は高い機動性を獲得するに至った。

バグを「たかがコマ」と比喩しバズーカで応戦するも敵わず、地形ごと肉体をチェーンソーで切り裂かれ戦死。

そして『機動戦士ガンダム』の劇場公開10周年に合わせ、そのテレビシリーズ用の構想の序盤1クール分にあたるストーリーを劇場用完全新作として映像化したものが本作である。

また、漫画版『機動戦士ガンダム クライマックスU. 漫画『』では シェリンドン・ロナの名で登場する。

プロモーションフィルムでは「君を見つめて」が使用されている。

7
時代設定はから40年以上、からは約30年の年月が経過した0123年が舞台である 原作・監督 - 富野由悠季• 声優はエンディング・クレジットや公開当時の書籍にも記載されていなかったが、公式サイトで確認できる
少年期にザビーネやダリアとともに貨客船座礁事故に巻き込まれて両親を失い、ブッホ・コロニーの資本家と養子縁組する(詳細はを参照) 撮影 - 奥井敦• また、もうひとりのC・Vのエース・パイロットであるにはライバル意識を持っている
著作権は提供各社に帰属します また、0068年には かつてヨーロッパ地区でそれなりの家柄であった名門ロナ家の姓を買い、 シャンホルスト・ロナを名乗る
式典でを狙撃したのも仲間であり、狙撃には反対するが、一部の過激派が大衆の前で殺すことによる宣伝効果を狙ったとされる F91の頭部を見た際に初めて「ガンダム」の名を口にしている
鉄仮面を着け、マイッツァーからC・Vの指揮権を委譲される バグとの戦闘でライフルを喪失したため、フロンティアIの坑道内に浮遊していたものを装備
浅黒い肌と口髭が特徴 (声 - )• ベルトー・ロドリゲス [ ] Bertuo Rodriguez 声 - のクラスメイト でボーイフレンド
小説版をベースとしているが、本作独自のエピソードも描かれ、時系列は一定していない (ベラ・ロナ) (声 - )• サウザンズ・ジュピター艦長 [ ] 民間用木星宇宙輸送船 「サウザンズ・ジュピター」の艦長
に好意を抱いている(小説版によれば、何度かベッドをともにしている)が、彼がベラ・ロナのMS教官となり行動をともにしているのを見て嫉妬し、ロナ家の女には敵わないことと、ザビーネがロナ家に取り入ろうとしているとの思いから失望する 設定上はMSが大型・肥大化したことによる運用面での不備が出てきたことによるコストダウンのためとされている
脚注 [ ] 注釈 [ ]• 漫画版では、傭兵となっていた双子の強化人間を宇宙で拘束し、バーナムに加入させる 28歳
しかし、ベルガ・ダラスに搭乗するに止められる。 10月中旬に映画で行くことが決まり、まだ話の途中の構成案のラストだけを切りのいいように監督がいじってそのまま劇場版の第1次プロットに転用した。 ドロシー・ムーア [ ] Drosie Mua 声 - フロンティア総合学園普通科の生徒で、シーブック・アノーの友人。 アンナマリー・ブルージュ [ ] Annamarie Brougia 声 - 褐色の肌をもつ女性パイロット。 (コズミック) (声 - )• その他、前述の『機動戦士ガンダム シルエットフォーミュラ91』も企画当初は「F91-MSV」のタイトルで発表されている。 ムック• 「質量を持った残像」と呼ばれる。 ガンダムシリーズの映像作品の1つとして『F91』が収録されている。 劇場公開後、『機動戦士ガンダムF91 完全版』(版)が制作されている。 TVシリーズ化も視野に入れていたので敵MSに関してもキッチリと作り込もうという方針だったため、偵察型、格闘型、攻撃型の3種類を作り、そしてそれを指揮官用と一般用に分けて全部で6種類のデザインを完成させた。
24