シビック セダン。 登場8か月で生産終了!? ホンダ「シビックセダン」駆込み需要増? 今後のシビックどうなる?

5Lモデル4ドアセダン「35M」をベースに、特別仕様車3ドア「スペシャルエディション」と、4ドア「スーパーエクストラ」の2タイプ。

さらに「ハッチバック」では、左右どちらにも引き出しや巻き取りが可能な、世界初となる横開きのカーゴエリアカバーを採用した。

元ホンダ法人所有車です。

そんなシビックセダンの流れが変わったのは8代目です。

8代目シビック(2005年~2010年) ホンダ シビック 1. サスペンションは、従来から定評のあるスポーティなハンドリングをさらに向上させつつ、ボディ剛性の向上と1. トランク容量はセダンでは間違いなくトップクラスであり、普段の旅行や買い物では全く支障ないレベル。

6Lエンジンを圧縮比アップ、VTECのセッティング変更、各種バランス取りなどで185馬力にまでパワーアップ。

直近の動向としては、セダンとハッチバックは2020年1月にマイナーチェンジモデルを実施しましたが、前述の通りセダンは1年経たずに生産終了となりました。

ホンダ シビックハイブリッド MX(2005年) また新しいシビックハイブリッドも登場し、前モデルより運動性能、燃費とも向上しシビックのハイブリッドモデルが徐々に市場で浸透していきました。

だが、影響は大きく、そこに着目して開発したのがシビックセダンである。

リアシートを倒せば2シーター+ワンルーム+収納スペースとして使え、また、リアゲートは上下に開くツインゲートタイプとする。

90
エコタイヤでは得られない操作性や直進性を発揮する一方、優れた燃費性能と雨の日も安心のウェット性能を備えています。 ホンダシビック(CIVIC)は、ミドルクラスセダン。 サスペンションは、全車に4輪ダブルウイッシュボーンを採用。 しかし、音が気に入らないなあと眉間にシワを寄せながらアクセルを踏み込み、最初のコーナーに入ったところで、眉間のシワがぶっ飛んだ。 実際に試乗してみて デザインよし、走りよし、燃費よしのトータルバランスに優れた車でした。 インサイトは3代目が2018年に発売された。 また、6MT車のシフトノブの形状を変更し、ショートストローク化することにより、小気味よく決まるシフトチェンジを目指した。 【音質】 めっちゃ悪いです笑。