とり まさ 青山。 青山剛昌

(平成6年) - 『週刊少年サンデー』で『』の連載を開始。

元々はを志望していたが 、漫研の先輩であるにアニメーターよりも、漫画家のほうが儲かると言われ、漫画家を目指すことになる。

70
その他• 野球剣道少年であり、部活動は小中高と剣道部に在籍していたが、アニメーターに憧れて高2から美術部に入っていった。 味わいはキューリのキューちゃんぽいが、最後のタレの染みこんだ御飯にコレがよく合う。 - 全1巻• さらにレバー、ねぎま、もも。 以前は作品が完結しないで連載・執筆を終えることもあった。 つくねは、ツナギが少なめで鶏肉を中心としたもっさりとした食感。
13