写真 icloud オフにしたら。 iCloud写真をオフにし、iPhoneから削除したらGoogleフォトからも消えますか?Googleフォトでのバックアップは完了しています。容量が足りずオリジナルをダウンロードはできません。

iCloudはiPhoneの設定やアプリなどの情報をバックアップ用に利用して、写真や動画は「Googleフォト」に保存するといいでしょう 「同期」は、一方通行でないことを認識しておきましょう
iCloudフォトライブラリのオプションに、 A)「iPhoneのストレージを最適化」 B)「オリジナルをダウンロード」 があります 除外後にバックアップ機能を有効にすれば、写真以外はiCloudに保存できます
その答えは、iPhoneの状況次第で変わります 主な活用法として、 Appleデバイスから撮影した写真・ビデオのバックアップツールとしてiCloudフォトライブラリ機能をオンにしている方が多いです
「iPhoneから削除」はiPhone内の写真は削除されますが、iCloudにの写真はそのまま残りますので安心してください これから実際に、iCloudをどのように「OFF」にするかをデバイスごとに説明します
これを使えばiPhoneの写真をUSBに書き出してコピーが出来るのでiCloudの写真を削除してもUSBの方に写真は残ります 複数人で使用する端末には、自分専用のAppleIDとは別にもう一つAppleIDを用意して個別に管理できるように徹底することをおすすめします
iCloudの写真は全てのデバイスで同期されている まず結論から言えばiPhoneの設定で iCloud写真をONにしている場合はiCloudの写真を削除すればあなたの持っている全てのデバイスから削除されます iCloud対応のファイラーアプリを使う必要があります
) また、オフにしたらiCloudストレージは減りますか?・・・iCloudストレージは、無料 5GB、有料 50GB、200GB、2TB と決まっているので、契約している内容が減るということはないです しかし、複数台でApple IDにサインインしている場合は、ほかの端末で iCloud写真がオンなら写真データはクラウド上に残っています
47
「iTunesにiPhoneのシステムのバックアップはしておらず、iCloudへの自動バックアップで安心しているつもりだった。 ここから写真をアップロードしていきます。 しかし、iCloud上には保存されているので、完全になくなってしまうのではありません。 そのため特別な操作は必要ありません。 Amazonプライム会員ならプライムフォトに保存するといった方法もあります。
設定アプリが開くので「写真」の「許可しない」をタップします iCloud写真をまだ使っていなくて、利用を検討されている方はをご覧ください
パソコンへの自動転送は を すべてのiPhone写真をオフラインで管理するには、 が必要です
「写真」アプリから写真を削除します この記事の内容• (iOS11以前の場合は「iCloudフォトライブラリ」と表示されます
「無効化して削除」を取り消すこともできません iCloudフォトライブラリがオンかオフかだけではなく、オンならば「iPhoneのストレージを最適化する」なのか「オリジナルをダウンロード」なのかです
iCloudにある写真・ビデオをすべて保存(ダウンロード)できるだけのスペースがiPhoneにない場合は[写真とビデオをダウンロード]を選んでも、空き容量不足のためエラーメッセージが表示されます そしてその写真や動画が選択された時は、 iCloud フォトライブラリからオリジナルの写真をダウンロードして表示するようになります
43