ネイル ブック。 ネイルサロン予約アプリ「ネイルブック」が動画を投稿できる新機能をリリース:時事ドットコム

原因について調査を行い早急に対応を検討させていただきたく存じます。

で梅木に「いつかお茶したい」しよう! 今日も適当にツイート中。

10現在) 該当する店舗をブロックしたいのですが、それも出来ない為、延々と検索したい画像に辿り着けません。

ASOで毎月約3万ずつ伸び、最近Android版も出したことから、伸びが少し加速すると予想され、年内の100万ダウンロード突破を射程圏内に捉える。

New!広告出稿をご検討の方はをご確認下さい。

New!資金調達に関するごくライトな助言は無料で受け付けております。

このロジックはリクルートメディアに対抗するヒントになると筆者は感じ取った。

この市場にCGMで斬り込むネイルブックを運営するスピカの國府田勲代表取締役に話を伺った。

CGMの場合はネイリストが個人でアカウントを持ってネイル写真を投稿し、その写真を気に入ったユーザーがネイリストをフォローし、そのネイリストにネイルをしてもらうためにそのサロンを予約する。

近年、ネイル業界では異例の「ニュアンスネイル」ブームが続いており、ネイルブックアプリ内でもニュアンスネイルデザインが常にトレンド入りしています。

現に全体の投稿数約60万枚に対して、ネイリストの投稿が約6割を占める。

リクルートメディアはより広告費を払ってくれる大きい広告主を大切にし、リクルートメディアに月間数万円の広告費を払えない中小店舗は集客に苦しんでいる現状があるだろう。

また何かお困りのことがございましたら、お気軽にサポートまでお問い合わせください。

スマホ時代においてはスマホで手軽に情報発信をした結果、広告費をかけずとも集客できる事象が起こりうる。

「中小ロングテール」がリクルートにできないこと? 國府田氏に伺ったところ、ネイル関連サービスをやりたかったわけではなく、O2O関連サービスをやりたいと考えた際に、様々な市場を分析した上で、エントリーしやすかったのがネイル市場だったという背景がある。

ネイリストからの投稿が増えたユーザーサイクルは下記のような感じ。

まずはこちらを確認してみてください。

ユーザーにとっては自分が気に入るネイルができる方が満足度が高いため、ネイリスト単位で探せたほうが良い。

と思った次第でありました。

下記はネイリスト単位ではなく、ネイルブック内での一般的なユーザー行動の例ですが、絵的な参考までに貼っておきます。

34 66