モンスター マップ サイト。 石あげ。

85
「子どもを抱えて借金を払い続ける気力はない」。 「自己破産・特別清算・再生データベース」では破産情報であるということが明示されているので、名誉毀損になる可能性がより高いでしょう。 直近の情報を載せているだけ? 「自己破産・特別清算・再生データベース」が破産者マップやモンスターマップと異なる点は、2019年8月1日以降の情報しか無いことです。 com"のURLで「 自己破産・特別清算・再生データベース」なるサイトがあります。 D-listeのデータ対応状況は以下の通りです。
87
今年3月には「破産者マップ」なる同様のサイトが名誉毀損(きそん)やプライバシーの侵害だと批判を食らい、閉鎖に追い込まれた また、第三者に提供する際は、同意を得る必要がある
なお、マップ移動先情報がない箇所は「ギルドホールLv1」へのリンクにしております 条件その3:一般にまだ知られていない情報である 氏名・住所といった情報は条件その1や条件その2を満たします
モンスターマップと違うのは「破産・清算」のデータベースと明言していることです しかし対応はなく、7月末に委員会発足後初の停止命令を出した
COM」は次のように報じています 破産者マップはマップ上から調べていく形でしたがモンスターマップは特定の手法を使うことでYahooやGoogleの検索で個人名がヒットさせることができるようになっており、より自己破産した情報を調べられる可能性が高まっています
前出の高橋氏は「こけおどしのような気もするが、本当に海外のサイトであれば、管理者の特定は難しくなり、削除させるのも簡単ではないだろう」と解説した 破産者情報などの「信用情報」は、 業者間で共有されていますよね
アップデート「INFERNO UPDATE:並行世界のヒメルメズ」について、4月13日にD-listeへのデータ追加を実施し、4月13日22時30分時点で公式サイト上に内のアップデート特設ページに掲載されている情報に関しては、D-listeへの追加対応完了しました ただし、モンスターマップの定義としては「このサイトはフィクション」ということで実在するものではないという点
効果は不明 サイトにGoogle等での検索方法は記載してありますが、そこまでする人は少ないのではないでしょうか
8月21日10時現在、サイトへのアクセスができなくなっている 官報がネット上で無料公開されている期間は直近1カ月だが、モンスターマップでは2009年7月以降の破産者情報が掲載されている