暴風 警報 兵庫。 【重要】兵庫県内教室 暴風警報による今後の対応について 6月30日

気象警報・注意報の発表基準 発表基準は、災害発生に密接に結びついた指標(風速、潮位や後述の雨量指数など)を用いて設定しています。

なお、こうした猶予時間(リードタイム)は、気象警報・注意報が防災関係機関や住民に伝わり安全確保行動がとられるまでにかかる時間を考慮して設けていますが、現象の予想が難しい場合には、リードタイムを確保できない場合もあります。

灰色の実線で囲まれた区域が二次細分区域を表し、影付き文字でその名称を記しています。

(従来の文章形式による表示も継続して提供しています。

ただいま兵庫県全域に暴風警報が発令されています。

気象警報・注意報 このページでは、大雨、洪水、高潮など気象等に関する特別警報・警報・注意報(ここでは「気象警報・注意報」といいます)について解説しています。

テレビやラジオ放送では、重要な内容を簡潔かつ効果的に伝えられるよう、市町村等をまとめた地域の名称を用いて、警戒が必要な地域をお知らせする場合があります。

ハザードマップ等により、災害が想定されている区域や避難先、避難経路を確認してください。

気象警報・注意報及び早期注意情報(警報級の可能性)の発表 警報級の現象は、ひとたび発生すると命に危険が及ぶおそれがあります。

災害が発生又は切迫していることを示す警戒レベル5に相当します。

高齢者等は危険な場所からの避難が必要とされる警戒レベル3に相当します。

c 発表中の警報・注意報について、現象毎に、3時間毎の現象の推移を表します。

災害が想定されている区域等では、 自治体からの高齢者等避難の発令に留意するとともに、 高齢者以外の方もキキクル(危険度分布)等を用いて避難の準備をしたり自ら避難の判断をしたりしてください。

b 発表中の「特別警報」「警報」「注意報」の種別を、発表状況(発表、継続、特別警報から警報、特別警報から注意報、警報から注意報、解除)毎にまとめて表示します。

教室が開いていませんので、自習等もお控えください。

災害が想定されている区域等では、 自治体からの避難指示の発令に留意するとともに、 避難指示が発令されていなくてもキキクル(危険度分布)等を参考に自ら避難の判断をしてください。

この洪水注意報のように、警報に切り替える可能性が高い注意報は、黄色の背景に赤い斜線を付した表示となっていて、通常の注意報とひと目で区別できます。

19