ちはや ふる 3 海外 の 反応。 『海外の反応』ちはやふる3 第2・3話 「キャラクター達が好きなんだ…。新と太一の関係も好き!」

クイーン戦で対戦した詩暢の強さに圧倒され、以降かるたに対する情熱を失っていたが、千早との対戦を経て情熱を取り戻し、クイーン位の奪還を目指し、その後挑戦者となったが激太りの詩暢にクイーン位を防衛される 3位決定戦で、新のいる藤岡東高校と戦い千早が新に初めて勝利し、チームも5戦全勝で3位入賞する
明石第一女子高校 兵庫県代表校 入学当初は他校に彼女がいたがかるたに集中する為別れている
B級選手 28巻時点 その存在の大きさを部員たちに実感させたのが3年時での突然の退部
普段は無口だが、喋りだしたら止まらず菫とのランチでは堰を切ったようにおしゃべりに 青島 サクラ(あおしま さくら) かるた部部員
感動して泣いたり激昂することもあり、3年時は太一の喪失によるショックから集中力を欠いた千早に激怒して部から叩き出した 小学校卒業後は祖父ののために福井へ戻り、千早や太一と離れ離れとなる
チハヤフルは、はしごを上まで上がるのに十分な強さのキャターを作り、そのはしごを半分にカットします しかし、千早が名字で呼ぼうとした際、調子が狂うので肉まんくんでいいことにした
この番組は私の心と興味と時間を捉えました メンバーは女子中心の構成で、よく声を出す真面目な校風は変わらない
その難解な本をかるたのルールすらわからない太一の母に入門書としてあげたが、当然のように理解してもらえなかった 宅間(たくま) 声 - 村上裕哉 かるた部部員
高慢で人を人とも思わない独善的で自己中心的な性格だが、表面には極力出さないようにしている
そして新の有言実行に並々ならぬ覚悟と千早への想いを見せつけられた太一は、新への、そして千早への複雑な対抗意識をより露わにしてゆく 入学当初は他校に彼女がいたがかるたに集中する為別れている
以下はアニメ版でのもの 千早や太一といる時もで話す
なお、原作5巻のオーダー表では下記とは選手名が全く異なり、千早は勝利している(千早は2戦目の大戸川添高校戦で棄権している) 川の流れが岩にせき止められ2つに分かれてしまうけれど、 またひとつの流れになる
基本的な性格はおっとりした正にだが、意外に直情型 自身もA級選手であり、その風貌・戦いぶりから須藤に「知的な熊」と喩えられる
22