名張 毒 ぶどう酒 事件 真犯人。 名張毒ぶどう酒事件の概要、真相は?奥西勝は冤罪?真犯人は会長説?

実は私も名張毒ぶどう酒事件に関して、質問してみたいなと思っていたところなんですが。

この毒物鑑定で、名張毒ぶどう酒事件で犯行に使われた毒物がニッカリンではないことが証明されました。 3

ここからはこの事件のリサーチをしていて気が付いたことそしてそのことを詳しく調べていったことについて書いていきます。

奥西勝の息子は、父の冤罪を信じ「父親が無実を勝ち取ったら一緒に暮らしたい」と語っていましたが、その希望は叶う事なく、癌を患って2010年に62歳で亡くなられています。

家には石が投げられ、怒鳴られ、家族は土地を追われることになったのです〉 現地に足を運んだ北芝氏はこう言う。

いろんな仮説が出された。

そしてこの奥西楢雄が、母の肩を持って嫁のフミ子に暴力を振るうこともあったとの情報もあるようです。

えん罪を証明する新証拠 第10次再審請求事件で、弁護団が提出した主な新証拠は、犯行に使われた毒物が、奥西さんが自白させられた農薬とは違う農薬であったことを示す毒物鑑定と、本件ぶどう酒瓶の栓に貼られていた封かん紙の裏面に製造段階で使われた糊とは違う糊が付着していることを証明した糊鑑定です。

この医師は、かつて同様の中毒患者を診察した経験があったため、すぐに有機リン系の中毒との診断を下し、アトロピンとパムによる治療を行い重体に陥っていた12人が入院。

そして犯行機会があるのは 奥西死刑囚だけとなってしまう。

『眠る村』のテーマは、村人たちの供述だ。