マリーンズ ジュニア 2020。 ロッテ、「マリーンズ・ジュニア2020」メンバーを発表

(ちばとぴ!=千葉ロッテマリーンズ チャンネル) 16人のメンバー氏名は次の通り(全員6年生)。 常に本番を意識し、ここぞという場面で声が出せるように日頃から声だしを徹底していきましょう。 意識しましょう。 (千葉ロッテマリーンズ チャンネル) 16人のメンバー氏名は次の通り(全員6年生)。 応援よろしくお願いいたします」と2010年以来の優勝を目指しての抱負を語った。 キツイときでも自分にムチを打ってどれだけ頑張れるかが大事です。
石川和樹(旗の台クラブ)、石田翔大(七次台ジャガーズ)、大村魁星(倉田スターズ)、金子來斗(八千代東南クラブ)、我部山蓮(磯辺シャークス)、黒田龍之介(ジュニアコスモス)、篠原颯(FTJ)、関瑛太(大森フライヤーズ)、田村小春(田喜野井ファイターズ)、西野太惺(並木ペイシェンス)、廣島空之介(藤上ディアーズ)、藤川倖生(豊上ジュニアーズ)、藤崎桧(中川エンジョイベースボールクラブ)、藤崎柊(中川エンジョイベースボールクラブ)、山田栞夢(高郷スターズ)、山邊颯(中部ユニオンズ) 練習の最後は、切り返し走、追い越し走で、メンタル面・足腰の強化トレーニングを行いました
ロッテは19日、「マリーンズ・ジュニア2020」のメンバーが決定したことを発表した 大会までに打撃面を強化しチーム一丸となって2010年以来の優勝目指して頑張ります
8月29日 土 、稲毛海浜公園運動場でマリーンズ・ジュニア2020の第1回目の練習を行いました 暑さの影響もあり、足をつる選手もいました
本番前の練習では、シートノックに気の緩みがあり監督コーチに怒られる場面がありましたが、本番でのシートノックでは、気合の入った姿が見られました 新型コロナウイルスの影響により、選考会があるのか、大会があるのか不安が多くあった中、400人以上の中から選ばれた16人の選手が選考会に参加した全員の代表として、4ヵ月間厳しくも楽しい練習を行いました
迎えた6回表、先頭の代打篠原が2ベースを放ち出塁すると、続く藤﨑柊もセンターへの2ベースで続き1点を返しましたが、後続が倒れ1点止まりとなります 11月・12月と新型コロナウイルス感染予防対策として限られた中での練習、練習試合となりましたが、日頃からしっかりと予防対策に努め12月29日からの大会に16人全員で挑むことができました
動画応募型の1次選考、8月11、12日の2次選考会、同14日の最終選考会を経て16人が選抜された マリーンズ・ジュニア2020のメンバーは動画応募型の1次選考、8月11日・12日の2次選考会、8月14日の最終選考会を経て16名が選抜された
個人の技能をチームプレーに生かしていけるように、今後も自主練習に励んでもらいたいと思います 状況把握をしっかりして、無駄なアウトを増やさないようにしましょう