悔やむ と 書い て ミライ 歌詞。 まふまふ

いわゆる当て字で、強調したり意味を重ねたりする際に用いられる表現です。

だけど未だになんの希望も生まれやしない。

IA アルバム: Henceforth - Single作詞: Orangestar作曲: Orangestar発売日: 2020. 照らした一寸先さえも穴ぼこが存在しているほどに この世界は曲がっているのです。

自殺を志願する彼女には 「悔やむと書いてミライ」、すなわち 「未来=後悔の時間」なのです。

聴いているこちらまで鬱になってしまいそうです。

「生まれたこと自体が間違いだったの?」 掛ける言葉も見当たらないほど、彼女は 暗闇のどん底にいます。

それが 人生 じんせいです ボクら 手 てにした 人生 じんせいなんです 生 うまれたこと 自体 じたいが 間違 まちがいだったの? シニカル 歌詞 BIN アルバム: シニカル — Single 作詞: BIN 作曲: BIN 発売日: 2020. 「愛」が過剰に期待されてるけど、言葉以上の意味なんかない。

しかし自殺を志しているとはいえど、 自らの手で命を絶つ勇気はさすがに無い様子。

」 世界を綴った数式ですら 解読不能が命と言うそうだ 粗雑に昨日を費やしたその身 今日に祈るは滑稽 惰眠で捨てた秒針にすら 噛りついて縋るだろう どうだい? 2020年4月1日 リンクコード: まふまふ歌詞 ふりがな付き 作詞・作曲・唄まふ君の曲をメインに投稿していきます!! 歌ってみたも載せていきます。 いつか咲くかもしれない花に水を撒くように、騙し騙しこれまで生きてきた。 スマホ・iPhoneで見た時に見やすいように作成していますので、PCから見る方はふりがなにズレが生じますが、少しずつ修正していきます!. 心を消し去ってくれ。 一思 ひとおもいにボクを 刺 さしてくれたら いいのにな いいのにな 不条理 ふじょうりな 御託 ごたくで 刺 さしてくれたら いいのにな いいのにな いつかゴミに 出 だしたのに 袖口 そでぐちに 隠 かくしていた 生涯 しょうがい 燃 もやせぬまま 灰 はいになれずにいたんだ 死 しにたい 消 きえたい 以上 いじょうない こんな 命 いのちに 期待 きたいはしないさ 故 ゆえに 夢 ゆめに 魘 うなされ 塞 ふさいだ 過去 かこに 咲 さいた 世界 せかい 癒 いえない 見 みえない 傷 きずほど きっと 瘡蓋 かさぶただって 出来 できやしないと ボクは 知 しっていた 悔 くやむと 書 かいてミライ 生 いきるふりをして 死 しんでいくのが 人生 じんせいか 人生 じんせいだ それじゃボクらはどうしてこの 世 よに こんな 未完成 みかんせいな 身体 からだに 未 いまだ 心 こころを 持 もっているんだ きっと 拉 ひしげた 如雨露 じょうろで 花 はなを 咲 さかせようとした そうさ 種 たね 一 ひとつない 土 つちに 撒 まいちゃいないか だから 一 いち 抜 ぬけした 捨 すてた この 世 よの 流行 はやり 病 やまいのような 愛 あいも 爪 つめの 先 さきよりも 細 ほそい 底 そこ 浅 あさい 友 ゆうの 情愛 じょうあいも 知 しらない 知 しりたいこともない どうせ 言葉 ことば 以上 いじょうの 意味 いみなどないと ボクは 知 しっていた 悔 くやむと 書 かいてミライ 片道 かたみち 分 ぶんの 蝋 ろうを 持 もって 消 けさないように 必死 ひっしになって わずか 照 てらした 一寸先 いっすんさきの 穴 あなぼこは 誰 だれが 落 おちた 跡 あと? 愛は流行り病のような一時的なもの。 一思いにボクを刺してくれたら いいのにな いいのにな 不条理な御託で刺してくれたら いいのにな いいのにな いつかゴミに出したのに 袖口に隠していた生涯 燃やせぬまま灰になれずにいたんだ 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 生きるふりをして死んでいくのが 人生か 人生だ そんじゃボクらはどうしてこの世に こんな未完成な身体に 未だ 心を持っているんだ きっと拉げた知雨霧で 花を咲かせようとした そうさ 種一つない土に撒いちゃいないか だから一抜けした 捨てた この世の流行り病のような愛も 爪の先よりも細い 底浅い友の情愛も 知らない 知りたいこともない どうせ言葉以上の意味などないと ボクは知っていた 悔やむと書いてミライ 片道分の蝋を持って 消さないように必死になって わずか照らした一寸先の 穴ぼこは誰が落ちた跡? それが人生です ボクら手にした人生なんです 生まれたこと自体が 間違いだったの? 死にたい 消えたい以上ない こんな命に期待はしないさ 故に夢に魘され 塞いだ過去に咲いた世界 癒えない 見えない傷ほど きっと瘡蓋だって出来やしないと ボクは知っていた 悔やむと書いて ミライ 消えたいの 消えたいの 何回だって言い聞かせた 夢も見れぬような 後悔を頂戴 まふまふと 悔やむと書いてミライと歌詞について. 「何回だって言い聞かせた」とあり、どうやら主人公の希望は完全なゼロではなく、 自ら希望を押し殺そうとしている様子。 歌い出し「一思いにボクを刺してくれたら いいのにな…」無料歌詞検索、音楽情報サイトUtaTenではまふまふの歌詞を一覧で掲載中。 だからこそ、こちらが抵抗する余地もないくらい 一思いに、そして反論する気も起きない めちゃくちゃな理由で殺してほしい。
67