スプラ 2 ステージ。 【スプラトゥーン】全ステージのマップ名称完成しました!(エリアのみ)マップVer2.1:Nak1´mのブロマガ

ただし、上のレベルになってくると「無造作に塗ってアーマーを回すだけ」では勝てなくなりがちなので、• Ver2. やはりこのステージも、中央部分の長方形エリアを取れるか取れないかで勝率が変わってきます。

ゲーム開始• モンガラキャンプ場• ここを抑えれば上から下層を塗って戦いを有利に進められる。

お勧めは• そのため、中央は交戦状態になりやすいです。

なので、エリア付近に味方が揃って「塗り返す準備」が整うまでは、うかつに行動しないようにしましょう。

インクアーマーは発動した瞬間に味方全員を強化できる唯一のスペシャルで、特にゲーム開始直後に撃ち合いが始まったタイミングで敵チームより先にインクアーマーを発動することで、味方が対面に勝つ可能性を大幅に上げることができます。

これに成功すれば、人数有利状態から3の攻撃ターンに進むことができるので、 エリアを確保された状態から人数有利を作り出す というが、ガチエリアの重要なスキルとなります。

特に、ハイパープレッサーを敵に当てやすいステージで有効で、• ステージ6のオクタリアン一覧 オクタリアン 特徴 タコトルーパー よくいる弱いタコ タコッペリン号 頭から生えてるタコ足が弱点 タイホウタコ 正面にまっすぐ進み、何かにぶつかると自動で爆発する ボムタコプター スプラッシュボムを投げてくる タコリバーサー コロガリウムを使用してくる• ガチマッチ ガチヤグラ• ホテルニューオートロ• ホッケふ頭• リーグマッチ ガチヤグラ• ステージの把握 さんぽでステージ構造の確認をしましょう。

」とか「あそこから高台に上ろう。

リーグマッチ ガチアサリ• デュアルスイーパー• ショッツル鉱山• チョウザメ造船• 通れる場所と通れない場所 知っていれば立ち回りが変わってきますよね。

ザトウマーケット• リーグマッチ ガチエリア• この戦術の良いところは、味方とタイミングや意図を合わせなくても自分ひとりで成功させやすいところです。

フジツボスポーツクラブ• ガチマッチ ガチアサリ• 大砲をくぐり抜けて進む 横一列に襲いかかってくる大砲は、倒すこともできますし、道中にある障害物を使って攻撃を避けることも出来ます。

ガチエリアの3つの戦略イメージ 上記を言い換えると、ガチエリアには• 速報・最新情報 アプデ・新要素の速報• 」 といったように、さらに準備しておくことができます。

53

15.ショッツル鉱山 ベルトコンベアが特徴的な、採掘場をモチーフにしたステージです。

さんぽを活用して予想できる有利な対面を事前に把握しておきましょう。

ショッツル鉱山• 生存力または耐久力がある武器(拠点部隊)が2人以上で簡易拠点に降りて陣取る• 図面書く仕事を以前してたのでマップを書いてくうちに楽しくなってきて、出来上がった図面に色鉛筆でぬりぬりする作業も出来上がったら立派な自分だけのマップになっているのが楽しくて楽しくてしかたなかったです。

そして「敵が来る場所へ有利に攻撃できるような位置」が強いポジションになります。

わずかにアーチになっており、橋の主導権を取ると相手の左右広場に対して一方的に攻撃できる。

中央がアーチ状になっているのが重要で、こちらの動きは敵からは見にくい。

ザトウマーケット• この場合、シェルターを使用している人は自分で倒し切る必要はなく、むしろ目立ってヘイト(注目)を集めておくことで、敵を夢中にさせて視野を奪うのが重要になります。

両サイドの金網を使って裏取りも出来るステージなので、中央部分をなんとしてでも取るようにすれば、勝利することが出来ます。

7.モズク農園 広い中央エリアと、無数の 金網が広がるステージです。

(例えば、味方が全然エリア付近にいないのに頑張って2人くらい倒したとしても、そのあとに塗る人数で負けるので取り返せないわけです) そして、味方全員が「人数有利ができたらエリアを塗れるぞ」という位置まで揃ったら、「敵をキルして人数有利を作り出す」という動きをします。

コンブトラック• あそこなら手を出さずに無視してエリアを取りに行く などの判断力を磨く必要があります。 打開時は中央に入ると逃げ場がないことを念頭に置いて立ち回ろう。 強制打開戦術 前述した広角打開戦術は、簡易拠点に該当するポジションが無いと機能しません。 リーグマッチ ガチエリア• 」とか考えられるわけです。 ルールに関わる場所 1つずつ説明していきます。 そのためには、唯一橋に攻撃を通せる橋手前の広場の奪還が最重用となる。 サブウェポン• モズク農園 ステージ中に金網ルートが設けられている特徴を持ちます。 簡単に死なないこと• 水色矢印のように壁を登ったりブロックをジャンプで超えられるルートがあることは覚えておきたい。 ブキやルールの追加とも合わさって、遊びの幅は少しずつ深みと広がりを見せるようになっていきます。 把握していないと、「げ、ここ通れないじゃん!」なんてことになりかねません。
19