草津 セクハラ。 草津町長室で性的行為疑惑、訴えた女性議員解職…町議会、住民投票の選挙活動に町民を動員

新井祥子議員によりますと、事件の後、町長が町長室を模様替えをして 事件の隠蔽工作を図ったとパネルを持ち出し議論になりました。

除名処分を求めるが可決されたことによるもの。

一方、新井氏の除名を求める懲罰動議は、出席議員の4分の3以上(地方自治法135条3項)の10人が賛成し可決した。 町長不信任案の否決と第二ラウンド 新井祥子議員が提出した町長への不信任案は、賛成2に対して反対が10と否決される事になりましたが、それでも新井祥子議員が納得する訳はなく、議会において第二ラウンドが勃発。 同日の町議会で、町議の1人が、新井氏の告白内容を受けて、黒岩町長に対する不信任決議案を提出。 当たり前のように「俺んち、遠くないし寄って行く?」と言い出し 「いや、今日は帰ります。 黒岩町長は「まるっきりの作り話です。 その理由は それにしても、「除名」は地方自治法が定める最も重い懲罰。
36
客観的な事実と符合しない部分が多い」と続けた 新井氏は失職した
群馬県草津町議会は2日、議会の信用を失墜させたなどとして提案された、新井祥子町議(50)の除名を求める懲罰動議を賛成多数で可決した 話すテンポ などに 違和感を感じる方が多いようですね
校長のセクハラ事例は? セクハラ事件は後を絶ちません 新井氏が「私は事実を言っています
そのうえで「元町議が今回の告発をどういう意図で行ったか 女性教諭が警察に届け出て発覚しました
黒岩町長は産経新聞の取材に、「記事は全て嘘で、私は潔白だ」と反論 その時は覚悟を示すという意味を込めて頭を丸められ、名前も新井祥子に変わっています

うんざりです」 不必要に全国の注目を集める町長と議会に冷めた目をする住民 7日付読売新聞インターネット版の記事『「町長室で性交渉した」と発言の女性町議、リコール成立し失職』によると、「『解職を求める会』代表の黒岩卓・町議会議長(71)は『客観的物証もなく、草津のブランド価値を傷つけた。

更に6日には、新井氏の主張に理解を示し、黒岩町長の不信任決議案を提出した男性町議に陳謝処分を下した。

投票率は53. 一方、リコールを行った団体の代表で、町議会の黒岩卓議長は「住民投票は法律にのっとって行われたものだ。

ハフポスト日本版の取材に、新井氏は「町長の会見での発言に対する反論や、リコールの受け止めなどを会見で話したいと思います」とコメントした。

記事では住民投票で新井氏の失職が決まったことを伝え、《日本で性被害を訴えた女性が直面する困難を浮き彫りにしている》と指摘。

東京都 足立区 北千住の在留資格(VISAビザ)永住、帰化申請代行のことお任せの行政書士. ところが9月14日、町議9人を含む町民19人が新井氏の失職請求(リコール)を求めて草津町選挙管理委員会に提出した請求代表者証明書が認められ、署名活動が行われることに。

同氏の告発は、「 漆黒の闇 5」(飯塚玲児著)に掲載されている。

渦中の町議|新井祥子の経歴 元々アトピー体質で、湯治目的で通い続けた草津に2009年に移住。

それを観た方たちの多くが感じるのが、 「しゃべりが変!病気なの?」 という感想ですね。

そんな状態でどうしてできるのか」 という正しく真をついたような内容。

94