忸怩 たる 思い 意味。 「忸怩たる思い」の意味と読み方!類語やよくある誤用の例文も紹介

これが訓読みになると「なれる」や「はじる」と、突然「忸怩」の意味合いを強く持つ読みへと変化します。
慙愧に堪えない 「慚愧に堪えない」とは、恥ずかしさを堪えられないほど恥じ入る気持ちを表しています。 多くの同志が落選する結果となり、選挙の責任者として忸怩たる思いでございます。 謝罪の言葉に続けて使うことで、どれほど恥じているのか伝えるための言葉です。 他者の言動に対して使うものではありません。 」 4、「私の不出来のせいで皆様にお手数をおかけしたことに、内心 忸怩たる思いを抱いております。 ネガティブな感情を表すのに使われます。 」 です。 自己嫌悪のかられる• それとも、恥じていることを、軽く見られる事を避け、ただ単純に恥じているだけでなく、不祥事を起こしたことに対して、非常に残念で悔しいという気持ちをにじませたい、といった思いが込められていたのでしょうか。 「忸怩たる思い」は、主に自分の行動、状態について言い表す際の言葉です。
24
しかし、自分を反省している意味であり、そこに怒りはありません。 自分の言動を振り返り深く恥じ入る思い、また反省の念を含めた謝罪の気持ちを表現する意図があります。 このような使い方は誤りです。 残念無念• さらに実際にあなたが「忸怩たる思い」という言葉を正しく使えるように、 使い方と 誤用を 例文で紹介しています。 」 8、「この事故の原因は私が確認を怠った結果です。 「このような不祥事が起きてしまい、忸怩たる思いです」などと使うことが多くあります。 痛恨の思い• 【目次】「忸怩たる」とはどのような意味?例文を交えて正しい使い方を覚えよう 「忸怩たる」とは 「忸怩たる」とは「じくじたる」と読みます。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「忸怩たる思い」の 詳しい意味と正しい使い方、そして類語や例文、誤用について詳しくご紹介しました。
56