鳥獣 戯画 を 読む 指導 案。 「鳥獣戯画」を読む展開案

児童は,「鑑賞から表現」,「表現から鑑賞」へのスパイラルにより,鑑賞は深められ,関心・意欲も高まると考える。

・自由に発言させ,自分の思いを表出しやすい雰囲気づくりをする。

1.題材名 鳥獣戯画の世界を味わおう(鑑賞学習)~表現のよさやおもしろさをみつけよう~ 2.題材の目標 (1)『鳥獣戯画』の鑑賞学習を通して,その作品のよさやおもしろさなどを自分の思いをもって味わおうとする。

目標や評価規準は、学級の児童の実態に合わせて変わってくるので、児童の実態を的確に分析することの大切さを痛感しました。

2013-12-03 登録コンテンツ19,000突破しました。

読むことの学習としては、ここで一区切りつきますが、学んだことを実感する、書くことの学習の始まりともなります。

25
「自分が選んだ絵の解説文を書く」という単元を貫く言語活動を設定し、自分のものの見方で絵を読む力と、読み取ったことを「評価を表す言葉」を用いて解説文に表す力を身に付けさせたい それによって、児童は、他の観点から絵を評価したり、同じ部分をもっと詳しく見て評価したりすることができ、それが、自分なりの見方で絵を読み取ること、絵を評価し解説文を書くこと、解説文を読み合って感想を交流することなど、一連の学習活動を充実させることへつながるものと考えます
2012-10-28 新TOSSランド正式オープンしました! 皆様のコンテンツアップお待ちしております!. 有益な教育実践ありがとうございます (鑑賞の能力) 3.題材について 本題材は,図画工作科の鑑賞領域の学習であるが,国語科「『鳥獣戯画』を読む」「この絵,わたしはこう見る」の土台にもしたいと考える
なるべく早い時期に、図画工作主任や作品展の担当者と連携し、紹介文を置かせてもらうよう働きかけるとよいでしょう 2013-10-01 登録コンテンツ17,000突破しました
社会科の歴史学習への意欲・関心も高く,文化についても考える機会もあったことをふまえると,今回の『鳥獣戯画』という日本の美術文化に関わりの深い作品についても興味をもつ児童が多いのではないかと考える 読んだことを基に、自分たちも同じように書くのだということを意識させ、筆者がどのような観点で作品を見て、よさを伝えるためにどのような表現の工夫をしているかに着目させます
次の書く活動とつなげ、実際に自分が「よさ」を表す言葉を選び、使うことで言葉を自分のものとしていきます 「鳥獣戯画」を読む展開案 👈 2013-08-05 登録コンテンツ13,000突破しました! コンテンツのご登録ありがとうございます! 2013-08-05 子どもTOSSデーのリンク先を変更致しました
58

・筆者がどのような観点からよさを述べているのかを読む。

指導書に従えば、この教材の標準配当時間は、5時間。

作品のよさを言語化する力は、自分の作品を紹介したり、友達の作品を鑑賞したりするときに生かされていくと期待できます。

有益な教育実践ありがとうございます。

また、絵画作品を選ぶ際には、本当に子供が魅力を感じ、友達に伝えたいという思いになるような作品を選ばせるようにします。

2014-05-08 【障害のお詫びとお知らせ】昨日17時頃よりコンテンツをご覧頂けない状態となっておりました。

そして、授業の最後に尋ねた。

・簡単な紹介文を友達の作品につけることで,国語の題材へのプレ学習となるように支援する。

26