板倉 キャンパス。 東洋大板倉キャンパス跡地に新大学構想 元マイクロソフト副社長・西氏ら設置準備委|社会・話題|上毛新聞ニュース

移転について東洋大広報課は、板倉と川越(埼玉県川越市)に分散している生命分野に関する学部・学科の統合などが目的、と説明。 5号館との渡り廊下も設置。 生命科学部、食環境科学部、大学院は大学院生命科学研究科、食環境科学研究科が設置されている。 概要 [ ] が開発を進めるの中心に開設されたキャンパス。 誘致にあたり県と板倉町はそれぞれ10億円、県企業局が約24億円を支援した。 北側の窓からは日光白根、男体山、女峰山、皇海山など日光周辺の山が一望に見渡せる。 1997年 - 開設。 準備委は同地での開学を「第1希望」としつつ、取得できない場合には関西圏の別の候補地を当たるとしている。 スクールバスで40~45分 参考ルートと所要時間• キャンパスの近くに飲食店も商業施設もなく、ニュータウン開発に失敗して空き地になった分譲地だけがある状態である。 板倉ニュータウンの開発計画に組み込まれており、現在使用しているキャンパスの北側に所有している空きスペースを含めて約33. 僻地オブ僻地と言わざるおえない。

近畿・北陸• 東京都文京区の白山、東京都北区の赤羽台、埼玉県朝霞市の朝霞、埼玉県川越市の川越、群馬県邑楽郡の板倉キャンパスだ。

外側の壁は全てガラス張りである。

こちらも生命科学科同様、動物を対象とする「応用動物コース」,植物を対象とする「植物資源利用コース」,微生物を対象とする「微生物利用コース」があり、他に地球環境の維持・修復を対象とする「生命環境コース」の4つのコースを設けている• 芸術大(仮称)は都内に設置する予定。

学生寮や教員宿舎を増築し、24~26年ごろの開学を目指している。

これだけたくさんのキャンパスを持っている大学は珍しい。

建物もよく手入れされ、(新大学に)ぴったり」と評価する。

準備委の構想について東洋大広報課は上毛新聞の取材に「課としてコメントできない」とした。

数年前、板倉キャンパス最寄り駅である東武日光線板倉東洋大前駅に都心から1本で来られる快速列車が廃止された。

61